コミットメントには行動を伴う

責任を持つということは積極的に行動するということです。アライアンス・バーンスタイン(AB)*では、どのように働き行動するかということから、コミュニティーへの奉仕、そしてお客様に提供するソリューションに至るまで会社のあらゆるレベルで企業責任を追求しています。

最新ニュース

真に効果的なESG投資とは~企業とのエンゲージメントを通じた価値創造~

投資信託協会の新プロジェクト『ESG投資 Invest for a Brighter Future!』。アライアンス・バーンスタイン株式会社 代表取締役社長 阪口 和子、責任投資推進室長 臼井 はるながABにおけるESG投資の取組みについてお話しました。

動画の視聴はこちら

【AB】コロンビア大学との気候変動研究
プログラム

ABは、気候変動に関する最新の知見をより適切に運用プロセスへ組み入れることを目指し、コロンビア大学の地球研究所と共同で研究プログラムを開発しています。その意図や取り組みについて、ABとコロンビア大学それぞれの参加者の声を紹介します。

動画の視聴はこちら

ブラジル・ビーフへの投資でアマゾンを守るく

ブラジルでは大規模な山火事や政府の環境保護政策の後退を受け、森林破壊が国際的な注目を集めている。アライアンス・バーンスタインの株式・債券ポートフォリオはブラジルの牛肉生産会社に積極的に投資しており、環境リスクや投資リスクを軽減しながら、熱帯林の保護に寄与しうる持続可能な活動を促す機会を提供している。

2021.10.14
詳細はこちら

責任投資の推進

責任ある企業であることと、責任を持って投資を行うことは切り離せません。責任ある投資を行うためには、責任ある行動を取らなくてはなりません。

レポートをダウンロードする(2020年)

企業責任に関する AB のビジョン

受託者義務の遵守

倫理的価値を中核とし、受託者としての義務を重く受け止める企業文化を堅持します。この文化は厳格なリスク管理に基づいています。

多様性の推進

キャリア形成の機会を豊富に提供する、包括的で多様性に富んだ協調的な環境を育成します。

コミュニティー
への奉仕

寄付や従業員のボランティア活動を通じた慈善活動を奨励することで、コミュニティーの活性化を促進します。

環境を守る役割

企業経営のサステナビリティを高め、より良い明日を作り出すソリューションを提供することで、環境を守る役割を果たします。

責任を持ってお客様へサービスを提供

AB のビジョンは、世界で最も信頼される運用会社になることです。そして、その信頼はABの従業員が作り出すものです。ABでは、全従業員がたゆみない努力、創意工夫、チームワーク、アカウンタビリティに取り組む企業文化に基づいたリサーチに対する熱意を共有しています。 AB の資産運用、セルサイド・リサーチ、富裕層向けの3つのビジネスはそれぞれ、お客様に優れた運用成果をお届けすることに注力しています。そして、それを責任ある方法で実行しています。

  • 専門知識、革新的なイノベーション、グローバル体制を有するAB独自の資産運用で、個人投資家から世界最大級の機関投資家まで、あらゆるお客様の成功を支援します。
  • 独立した組織としてのセルサイド・リサーチとブローカー・サービスが、信頼性の高いリサーチと執行を提供し、お客様が一歩先を行くお手伝いをします。
  • 富裕層の個人やファミリー、小規模な機関投資家に対し、洗練された資産運用計画ツールやアドバイスを提供し、十分な情報に裏付けされた意志決定や目標達成が行えるように支援します。

コミットメントには行動を伴う

米国ニューヨーク市で開催された Bike MS 2018 をサポート

責任-行動と投資

AB では、お客様、従業員、コミュニティー、将来の世代に責任ある方法で貢献するという総合的な使命を共有しています。そのため、私たちは企業として、そして投資家として、責任のある行動を重視しています。

こうした取り組みの一つとして、私たちは環境に優しい建物へのオフィス移転を積極的に進めています。 AB では、 LEED (建築や都市の環境性能評価システム)の基準や世界各国のさまざまな認証基準が定義する持続可能な環境の中で働く従業員の割合を、 2025 年までに 65% に引き上げることを目標としています。

「私たちにとって、責任ある会社、責任ある投資家になるということは、特定の目標ではなく継続的なコミットメントであり、会社としての AB の在り方に深く根差しています」
社長 兼 CEO  セス・バーンスタイン

責任ある行動

責任ある企業としての取り組み強化へのコミットメント

環境スチュ
ワードシップ
社会的責任
コーポレート・
ガバナンス

責任ある投資

ESG 要因を投資プロセスに統合し、目的に合ったソリューションを設計

責任ある投資

責任ある行動
多様な人種バックグラウンドには、アフリカ系アメリカ人/黒人、スペイン系/ラテン系、アジア人が含まれます。 多様な人種に関する情報は米国のみのデータに基づきます。 20191231 日現在

ESG は、企業責任に関する取り組みを評価する共通の枠組みとなっています。 AB では、より責任ある企業になるために日々努力しており、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(サステナビリティに関する国際基準の策定を使命とする非営利団体)の基準に基づいて、ESGの各項目において向上し続けています。

環境スチュワードシップ

AB は責任ある投資家として、リサーチ対象の企業すべてについて、環境に関する行動を精査しています。私たち自身についても同じ視線を向けることが重要で、私たちの行動が環境に与える影響を評価するとともに、より良い環境実現のためのサポートに取り組んでいます。

詳細はこちら(英語)

社会的責任

私たちの会社やコミュニティーが社会的進歩を遂げることは、世界全体における社会的進歩につながります。ABはダイバーシティ、インクルージョン、従業員のエンゲージメント、コミュニティーへの奉仕の面で大きく前進しています。

詳細はこちら(英語)

コーポレート・ガバナンス

優れたコーポレート・ガバナンスは、私たち自身の慣行や行動に厳しい目を向けることから始まります。ABは受託者としての義務を重く受け止めるカルチャーを有しており、経営陣はそれを推進しています。磐石なコンプライアンス体制、セキュリティ、そして事業継続戦略に支えられたインフラストラクチャーが、強固な企業スチュワードシップを育んでいます。

詳細はこちら(英語)

データ開示

ABの従業員、温室効果ガスの排出、慈善活動などの情報を含む、企業責任に関する AB の取り組みについて詳細なデータを開示しています。

お問合せ先

当サイトやABの企業責任に関する取り組みについてのお問い合わせはこちら

jpmarcom@alliancebernstein.com

*アライアンス・バーンスタイン及びABはアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。アライアンス・バーンスタイン株式会社は AB の日本拠点です。